新ブログ(ボクシング)案内.png



10月18日(日)
WBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦

ゴロフキン×レミュー


絶対王者のゴロフキンが
IBF王者レミューを迎えての統一戦。

ゴロフキンは勝てば
15度目の防衛かつ21連続KO勝ち!!

一方レミューも勝てば
3団体タイトル&ミドル級最強の称号が
一気に手に入ります!!

両者ともものすごいKO率の
超ハードパンチャー対決!!!!!

ゴロフキンのプロ戦績一覧
ゴロフキンが統一戦をするレミューとは


【スポンサードリンク】







【結果】
ゴロフキン◯8RTKO●レミュー

ゴロフキンが8RTKOでレミューに勝利!!
ゴロフキンはこれでIBF王座も統一。
そして15度目の防衛かつ21連続KO勝利。


【試合展開】

【1R】
さぁ、待ちに待った統一戦がスタート!

いつも通りのスタートですが
やっぱり緊張感がありますね。

会場の盛り上がりも凄いです!!
もちろんGGGの応援です♪

互いに距離を図り
出方を伺っている展開です。

ラウンド後半、
ゴロフキンがプレッシャーを掛ける。
やはり圧力はゴロフキンか!?

でもレミューも負けていません。
特にクリーンヒットはなく1Rが終了。

ポイントはゴロフキンかな。


【2R】
ラウンド開始から
ゴロフキンがプレッシャーをかけて
いきます。

すでに勝機ありと見たのか。

でもレミューの強打も怖い!!!

しかしゴロフキンの左ジャブが
よく当たります。

ラウンド中盤、
ゴロフキンの強打がヒット。
一応ガードはしていますが強烈ですね。

終盤もゴロフキンのペース。

いつもの防衛戦と
同じ流れになっていくのでしょうか?


【3R】
ラウンド開始と同時にレミューが出て
いきますがゴロフキンが
うまくいなしていきます。

やはり実力的にはゴロフキンが
何枚も上みたいですね。

でもミドル級は一発で形勢が
変わりますしレミューですからね。

ゴロフキンはジワジワと攻めていきます。

レミューも手は出ているんですけどね。
ジャブの差し合いは
完全にゴロフキンです。


【4R】
レミューの強打が少し当たりだしました。
必死に流れを変えようとしてますね。

一発でもクリーンヒットすれば
展開は一気に変わります。

ジャブを丁寧に当てていくゴロフキンと
強打を出していくレミュー。

ラウンド中盤、
ゴロフキンの強打がヒット!!

ダウンはないが
この試合一番のクリーンヒット。

ゴロフキンが大きなチャンスだが
レミューもカウンターを当てるチャンス。

ゴロフキンもレミューのパンチを
警戒して慎重に戦います。

非常に見応えのあるラウンドでした♪


【スポンサードリンク】






【5R】
以前激しい展開になってきました。
攻防はゴロフキン有利だが
緊張感ある展開です。

ゴロフキンは相変わらず
丁寧に左ジャブを当てていきます。

ラウンド中盤、
レミューの強打がヒット!!
この試合一番のクリーンヒット。

互いにダメージは
まだほとんどない状態でしょうか。

いつ終わるか分からない
スリリングな展開です。

と、思っていたらラウンド終盤、
ゴロフキンのボディがヒット!!!

ついにレミューがダウン。
ラウンド終了だがダメージは深刻です。


やっぱりダメージあったんですね。


【6R】
もう判定ではレミューは勝てません。
そしてゴロフキンが出てきます。

レミューは起死回生の一発しかないか!

レミューも振り回すから
非常に面白い展開です。

まだまだ試合は分かりません!!!

ゴロフキンは強引に倒しに来たか。
レミューのパンチもまだ強いです。

そろそろ試合が終わる予感。。。
でも大逆転も十分考えられます。

ゴロフキンの前回のモンロー戦では
ダウンを取ってから
ピンチになりましたからね。

ゴロフキンは激しく
攻めながらも慎重です。


【7R】
このラウンドも互いに倒しにいく
激しい展開です。

ゴロフキンはジャブも当てつつ
弱らせながらも一発を狙い
レミューはも一発狙いですね。

でもレミューも当たれば倒せます!!

ラウンド中盤、
レミューはドクターチェックで
鼻血の確認ですが試合再開。

ラウンド後半、
少しレミューは足を使い出したか。
やっぱりダメージが大きいか。

そこを逃さずゴロフキンは
攻めていきます。

ポイントはほぼすべてゴロフキンですね。


【8R】
試合展開は変わらずも
確実に終わりが近づいてきてますね。

このままストップか
大逆転の一発だけになってきました。

レミューが怯んだところで
ゴロフキンが連打、
そしてここでレフリーストップ!!

ゴロフキンの8RTKOで勝利!!



【感想】
いつも通りのゴロフキンでしたね。
やっぱり強いです!!

前回のモンロー戦の反省もあって
より盤石な勝利だったと思います。

圧倒的な強さですが
ミドル級は一発で形勢が変わるから
見てても面白いです!!

そして次はコット×カネロの勝者ですかね。



【勝者:ゴロフキンのコメント】
非常に重要な試合でしたが
仲間たちに素晴らしい勝利を
見せたかったのでよかったです。

レミューはいいファイターでした。
ただ私もいいボクシングを見せました!

レミューは大変なパンチャーでした。

そして私は取れるタイトルは
すべて取っていきます。

次は誰でも構いません。
カネロでも大丈夫です。

(メイウェザーが引退しましたが)
私は地道に勝ち続けていくだけです。
これからも頑張ります。


【敗者:レミューのコメント】
接戦のラウンドもありました。
彼は敬意に値するすばらしい王者です。

ただ止めるのは早かったと思います。
それはショックです。
でもゴロフキンは偉大な王者です。

また次のチャンスがほしいです。



【スポンサードリンク】






次の記事
ロマゴンの対戦相手がまたいなくなる?


前の記事
ロマゴン×ビロリア 結果・コメント


【関連記事】

ゴロフキン×モンローJr 試合結果

コット×ギール試合結果・コメント

ゴロフキン×メイウェザーについて

ゴロフキン×レミュー戦の予想と希望

村田諒太のプロ戦績一覧


【随時更新!人気記事一覧】

ボクサー別記事一覧こちら!

ボクシング速報・最新記事はこちら!

試合実況・結果・コメントはこちら!

テレビ放送・チケット情報はこちら!

人気選手グッズ・お薦め書籍はこちら!

エキサイトマッチの期間限定はこちら!

 タグ